FC2ブログ
flower border

2代目看板犬「ラブ」との日々

10ヶ月で我が家にやってきた「ラブ」。ただ今看板娘として日々修行中です。

すべては丸く収まる

『ロビンソン漂流記』の主人公はアレクサンダー・セルカークという実在の人物をモデルにしています彼が無人島で遭難した時に持っていたのは2日分の食糧と聖書だけで過去にその島に流れ着いた人達は全て亡くなっていましたしかし、彼は希望を捨てずに森の奥へと進みそこで多くの果物や野菜、野生のヤギを見つけたのです4年後に発見された時彼は十分な栄養に加え、酒もたばこもない生活で健康的な体になっていました更に、ヤギの皮...

人生、山あり谷あり

世界初のインスタントラーメンを作った安藤百福は若くして繊維工業や製塩業で成功を収めましたが専門外だった信用金庫の理事長を引き受けたことで47歳で全財産を失いました安藤は「財産は失ったが、経験が失われたわけではない」と考え「お湯があればすぐに食べられるラーメン」の開発に着手し大ヒットとなった チキンラーメン を完成させましたしかし、その後インスタントライスの開発では再び大失敗をします人生、山あり谷あ...

たまにはボーっとしよう

デヴィッド・リンチ 映画監督ツイン・ピークスなどのテレビドラマシリーズでも知られる映画監督デヴィッド・リンチは一日の朝と夕方に必ず妄想を行ってから仕事に取り掛かるそうです彼は妄想するようになってから二つの面で良いことが起きたと言います第一に、アイディアをとらえる能力が高まったそして第二に不安やおそれ、怒りや緊張することが減り人生が楽しいものになったフォード社のトップだったビル・フォードやヒラリーク...

好敵手(ライバル)を知る者が勝つ

手塚治虫 漫画家漫画の神様と呼ばれた手塚治虫は若い頃ディズニーアニメに多大な影響を受けました彼は自伝の中で 「『白雪姫』は50回、『バンビ』は80回以上観たディズニーに傾倒してからは、ぬいぐるみスタイルを必死になって模写し習得して、とうとう今の画風になってしまった」と言っていますこの言葉通り、彼の作品は丸みを帯びたキャラクターとアニメーションの動きを紙面に投影するのが特徴となりましたのちにディズニ...

近すぎる幸せは見えにくい

カール・ベンツ 実業家メルセデス・ベンツの生みの親、カール・ベンツは世界で初めてガソリンエンジンの自動車を作りましたが「うるさい」 「くさい」 「子供のおもちゃだ」とひどい言われようでしたそんなさなか、彼に味方した人物がいます「世界でたったひとり、私と同じ勇気を持って信じ希望を持ち続ける人間がいた・・・ 私の妻である」妻のベルタは助手席に座って、いつも走行試験に同行しましたしょっちゅうトラブルが起...

誰だって、ほめられたい

スティーヴン・キング 小説家かつてトレーラーハウスで教師と洗濯屋のアルバイトで食いつないでいたスティーヴン・キングはほとんど売れない小説を書きながら生活をしていましたある日、超能力を使う少女のストーリーを思いつきますがいまひとつ面白くならず、3ページだけ書いて捨ててしまいます次の日、家に帰ると、その原稿を持った妻タビーが笑顔でこう言いました「この作品には何かがあるわ。行けるわよ!」彼女はゴミ箱から...

人生はワンチャンス

散歩コースの雪もだいぶ融けてきました何かを物色中のお嬢さんですふと足元を見るとコバルトブルーの花を発見 オオイヌノフグリを漢字で書くと 大犬の〇〇〇〇 はとても恥ずかしくて書けません 別名は 「星の瞳」どうせならこっちにすれば良いのに さて、こちらの本をご存知ですか?著者は水野敬也さん・長沼直樹さん表面には犬の写真と名言裏面には偉人エピソードと名言が載っており人生で「大切なこと」を学ぶことができる自...